arrowenvelopefacebookinstagramlinked-intwitteryelpyoutube

Googleのローカルサーチが消費者にどのような被害をもたらすかと、EUが行動を起こした理由

詳細は、以下のリンクをご確認ください: focusontheuser.eu

本日、欧州委員会は、Googleが独自の垂直検索サービスを促進するために検索結果を操作し、この行為は独占禁止法に違反すると発表しました。この画期的な決定により、独占禁止法の執行機関はGoogleに対し24億2,000万ユーロの罰金と、ライバルサービスに対するすべての差別を90日以内に解消することを要求しました。この問題に対する専念と、消費者の利益のためにオンライン検索における競争を回復させるという欧州委員会のコミットメントに拍手を送ります。

Google、反競争的慣行を中止するよう命じられる

Googleは、自社の垂直検索サービス促進を目的とする行為が違法行為に従事しているとの有罪判決を受けています。判決は、ショッピングサービスを比較に出していますが、欧州委員会は、ローカル検索を含む他の垂直検索にも同じ違法行為が適用されることを認識しています。これに向け、Googleは独自の検索製品に利点を与える為の独占的な一般検索エンジンの乱用を中止するよう命じられています。同様の判決は、Googleがオンライン検索に及ぼした被害を無効にし、ローカル検索における反競争的懸念に効果的に対処する可能性が含まれています。

ローカル検索が大切である理由

ローカル検索はインターネット上で最も重要な人間行動の一つです。また、それはオンライン検索とオフラインコマースの架け橋ともなります。ローカル検索 – ミュンヘンで小児科を探している人々、バルセロナのホテルまたはコペンハーゲンのタイレストラン – は、最大の検索カテゴリーで、デスクトップ検索の約1/3のボリュームを占め、スマートフォンの半分以上の検索ボリュームを占めます。iOS SafariとAndroidでプリインストールされたChromeのデフォルトにおいては、Googleはスマートフォンで実に98%の市場シェアを享受しています。

欧州委員会は、欧州および米国の企業ならびに消費者団体からの多数の苦情に基づいて、Googleを7年間に渡って調査しています。Yelpはこのケースにおいて訴状を提出しており、EU当局と協力して、ローカル検索の市場の消費者が受ける被害の証拠を提供してきました。

米国執行当局への影響

欧州委員会の調査結果は、米国の執行当局に詳細な計画を提供することとなりました。2013年、連邦取引委員会(Federal Trade Commission)はGoogleによる検索バイアスの調査を終了しました。しかし、EU当局が提供する精密な調査は、消費者の被害の圧倒的証拠と相まって、アメリカの消費者を検索操作から守るための行動をFTCに強制することを余儀なくさせました。

Googleのバイアスが消費者に与える被害

実際に、YelpのデータサイエンスチームであるColumbia Law SchoolのTim Wu教授とHarvard Business Schoolエコノミストの Michael Lucaは、Googleが検索結果を悪化させているかどうかを再調査しこの行動が消費者に及ぼす影響に関する研究論文を発表しました。調査の著者は、Googleによる検索バイアスは、実際に消費者に害を及ぼすことを確認しました。この調査によると、ユーザーはGoogleの排他的なローカルレビューコンテンツが表示されている場合、Googleの“アンサーボックス”に関与する可能性は大幅に低くなっています。

Googleの反競争的行為を米国で終わらせるためのさらなる遅れは、検索市場と消費者の競争力に不可逆的な損害を引き起こします。米国の政策立案者は、EUの判決を行動のきっかけとして捉えるべきです。 消費者の福利は、大西洋の両側で平等に保護される必要があります。