arrowenvelopefacebookinstagramlinked-intwitteryelpyoutube

スタディー: Yelpを利用している消費者の92%が、サイトを閲覧した後に購入します

Yelpが依頼したNielsenスタディーによると、多くの消費者がレビューサイトで見つけたビジネスにおいて強い購入意思があることが報告されています。消費者オンラインレビューサイトを利用している消費者のうちの92%が、時々、頻繁にまたはほぼいつもYelpを利用した後に購入したと言われています。

また、オンライン消費者レビューサイトを利用していて、Yelpを利用した後に購入したと報告している消費者は、2014年に実施されたNielsenスタディーの時ほど時間をかけずに購入したということも報告しています。数時間の間に何かを購入した消費者は、212%増加し、1日かそれ以内に購入するという消費者の数は55%増加しました。

2016年に実施したアンケートの約2,000人の消費者の回答もまた、レビューサイトは、検索エンジンや主要ソーシャルネットワークに比べるとより高い顧客転換率を発生させていると示しています。

NielsenスタディのYelpに関する発見とオンラインレビューサイト

全てのデータポイントは、2016年にYelpによって委託されたNielsenスタディーによるものです。方法論は以下をご確認ください。

レビューサイト & Yelp

  • ローカルビジネスを検索している消費者のうちの74%が、最低でも月に1度はオンラインレビューサイトを参考にします。
  • 消費者オンラインレビューサイトを利用する消費者は、購入の決断にあたり、検索エンジンやソーシャルメディアプラットフォームを除いた他の消費者オンラインレビューサイトに比べてYelpを最も信頼のおける、影響力のある、便利なサイトであると順位づけています。

Yelpにおける購買行動

  • オンラインレビューサイトを利用する消費者のうちの92%が、最低でも時々、頻繁にまたはほぼいつもYelpを利用した後に購入したと言われています。
    • 25% が数時間以内
    • 42% が1日かそれ以内
    • 79% が1週間かそれ以内
  • 79%のYelpユーザーが、リピートして利用できるビジネスを探しています。
  • 85%のYelpユーザーが、Yelpで見つけたビジネスを頻繁に、または時々友達と共有しています。

レストランオーダー & デリバリー

 

  • レストランを検索した55%のYelpユーザーが、Yelpで見つけたレストランからテイクアウトまたはデリバリーを注文しています
  • 過去3ヶ月の間にレストランを検索した58%のYelpユーザーが、最低でも月に1度テイクアウトかデリバリーを注文したと報告しています
  • 47%のみが、Yelpを利用する以前にそのレストランについて知っていたと報告しています

 

Nielsenの結果がローカルビジネスにとってどのような意味を持つか

ローカルビジネスにとって、消費者はYelpを含むレビューサイトの情報に基づいてあなたのビジネスを見つけ、ビジネスを利用するべきか利用するべきでないかの決断をしているという事実を知ることが大切です。ビジネスのウェブサイトやソーシャルメディアアカウントを管理する以外にも、無料のYelpアカウントを登録し、少なくとも営業時間、場所、電話番号などのビジネス情報が正確で最新のものであることを確認してください。 Yelpはレビューに返信したり、写真やビジネスの説明をアップロードしたり、メッセージや見積りリクエストなどのYelpの無料ツールを有効にすることで、毎月Yelpを使用している何百万人ものユーザーの中から新しい顧客を引き付ける機会をビジネスに提供しています。

消費者は購入の意思決定を以前より早く行うと報告しているため、迅速な対応が必要です。ビジネスオーナー専用Yelpアプリから、新規のレビューやメッセージの通知機能をオンにすることをおすすめします。

オンラインレビューは、消費者が購入の意思決定をする前に利用する情報源としての重要性を増すばかりです。Yelpは、消費者にとって検索エクスペリエンスが充実し、利便性を提供することができる新しい方法を追加しました。 現在は、レストランの予約、Eat24によるフードオーダーとデリバリー、サービスや見積りのリクエスト、Yelpキャッシュバックなどを通じて、検索するだけでなく、Yelpで直接予約を取ったり、購入したり、取引したりすることができます。

Yelpビジネスページは以下のリンクより無料で登録することができます:biz.yelp.co.jp

方法 – 2016年にYelpが委託したNielsenスタディー

2016年9月にNielsenがYelpの為に実施したオンライン消費者調査に基づきます。サンプルトータルは2016年8月から2016年9月の間に、アメリカ国内でローカルビジネスを検索した18歳以上の2,007人の成人です。オンラインインタビューは、2016年の9月6日から9月20に実施されました。オンラインレビューサイトユーザーサンプル = 745: サーチエンジンとソーシャルメディアサイトを除くオンラインレビューサイトの利用状況報告。Yelpユーザーサンプル = 587: ローカルビジネスを見つける為に利用したYelpの使用状況報告 (2016年6月-2016年9月)。 数値は、人口統計学的に米国のオンライン人口を表現するために重み付けされています。